【患者の権利について】

医療は「患者様と医療者の2人3脚の協働作業」であり、私たちは お互いの納得のうえで診療を進め、こころのふれあいを大切にしております。
 

さて、患者様には「自己決定権」という権利が認められております。これは、日本国憲法で示されている自由権・社会権・平等権などの「基本的人権」と同等の権利です。医師は、患者様が病気の現状や治療などこれからのことについてよく理解したうえでご自分で選択出来るよう、説明いたします。 また、セカンドオピニオンにも対応いたしますので、ご希望の方はご遠慮なく医師又は看護師までお知らせ下さい。
 

患者さまには、病気の既往歴や日常生活の状況などの情報提供、医師の療養指導や病院規則を守るなど、ご理解とご協力をお願いいたします。
 

病院を受診される皆様は不安を抱いていると思います。 私たち職員一同、病気が出来るだけ早く治るよう努めさせて頂きます。

 

【個人情報保護に関する理念・方針】

・個人情報保護理念

当院は常日頃より患者さんの視点に立ち、質の高い医療の実現とより良い患者サービスの提供を目標とし、診療業務を行っています。
患者さんの健康状態に応じて迅速に的確な医療を提供させて頂くためには、患者さんに関する様々な医療情報が必要です。患者さんと確かな信頼関係を築き上げ、安心して医療サービスを受けて頂くために、患者さんの個人情報の安全な管理は必須であると考えます。当院では、下記の方針に基づき、診療情報の管理を行い、患者さんの個人情報保護に努めます。
 

 

・個人情報保護方針

1.南部病院及び付属クリニックは個人情報保護・管理する体制を整え、運用を規定し、代表者および全ての従業員がそれを遵守することにより、個人情報の適切な管理に努めます。
2.当院は、適切な個人情報収集・利用および提供については、内部規定を定め、収集目的・使用範囲の限定を明示し、適切管理に努めます。
3.当院は、個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏洩などに関する予防措置を講じ、個人情報の安全性・正確性の保護を図ります。
4.当院は、個人情報の重要性について、従業員の教育・研修を徹底し、個人情報の管理者を設置し適切な管理・監督体制を確認し運営を行います。
5.当院は、一部の検査等を外部委託する場合があり、個人情報が不適切に扱われないよう契約を取り交わしております。
6.当院は、個人情報保護に関する日本の法令、その他の規範を遵守します。
7.当院は、情報管理委員会を設立し、組織的な管理に努めます。